Origin

『チーム名の由来』


「Kingfisher」 カワセミ

 カワセミは美しい小さな鳥。翼は鮮やかなブルーで胸は濃いイエロー。ブルーは水、イエローは水球のボールと同色。小さな体で空中から川中の魚を捕獲する素早い動きは水球のイメージと一致すると日本体育大学水球チーム監督の清原伸彦先生が2006年にイメージマスコットとした。

「74」はチームの前身である「全日体大」が日本選手権で初優勝した1974年に由来する。

「Kingfisher74」はこれまで40年にわたり日本水球を支え、数多くの日本代表選手を輩出してきた「全日体大」の進化形として日本水球をリードする使命がある。「全日体大」は日本体育大学が単独で支え続けてきたが、「Kingfisher74]は日本体育大学の選手に拘らず、志ある選手を受け入れ、多くの人から応援をされるチームを目指す。

「Kingfisher74]は日本がオリンピックで優勝するためには何をすべきかを第一に考え活動する。常に優れた代表選手を輩出し支え、オリンピックでメダルを獲ることによって、世界のトップクラブと肩を並べることを目指す。